Orbi Pro WiFi 6 Mini

ネットギアから、テレワークや小規模オフィスネットワークに最適なビジネス向けメッシュWi-Fi「Orbi Pro」シリーズの手頃な新モデル「Orbi Pro WiFi 6 Mini」が発売されました!

Orbi Pro WiFi6 Mini AX1800 メッシュWiFiシステム スターターキット

Orbi Pro WiFi 6 Mini

最新かつ最速の WiFi 6 テクノロジーを搭載したメッシュシステム。

ルーター1台とサテライト1台の合計2台セットで、AX1800の高速WiFiを200平方メートルの範囲に届けます。SOHOやチェーン店、クリニックなどの小規模ビジネスやテレワークに最適。

Orbi Proシリーズは、ビジネスに必要なルーター機能、WiFi接続のためのアクセスポイント機能、有線デバイス接続のためのスイッチ機能が1セットに詰まった一石三鳥のネットワークシステムで、Orbi Pro WiFi 6 Miniは最新のWiFi 6に対応しており、1201+574 MbpsデュアルバンドWiFiが一人暮らしのユーザから少人数世帯の家をくまなくカバーし、ビジネス/プライベート両方のインターネット接続をより快適にアップグレードしてくれます!

エントリーモデルとなっており、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に加え、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/の各規格をサポートしており、5GHzと2.4GHzの同時利用にも対応、最大1201+574Mbpsのデュアルバンドにより、快適な通信環境を提供。

カバー範囲が足りない場合や、接続デバイスの増加で速度低下を感じ始めた場合は、来年発売予定の追加用サテライトを追加することで、快適なネットワーク環境を拡充することができるので、買ってみたけど電波の範囲が届かなかったという場合でも安心。

4つまでSSIDを設定することができ、仕事用、プライベート用、スマート家電用、ゲスト用などに分けて使用することができ、万が一ゲスト用WiFiにウイルスに感染したデバイスが接続されてもビジネスネットワークへの影響を防ぐことができるようになっています。

さらにルーターの背面に3つ、サテライトの背面に4つある1GbpsのLANポートを使えば、スイッチを追加購入することなく、デスクトップPCやプリンター、NASなどを接続することができるので自宅でLAN環境を作っている場合でも安心ですし、無線でネットワークを拡張した先にあるサテライトのLANポートを使用すれば、ルーターから長距離のLAN配線をする手間も省くことも。

クラウド型のネットワーク管理ツール「Insight」での管理に対応しており、スマートフォンアプリを用いて、いつでもどこからでも、配下のネットワーク環境を確認できる。「Orbi Pro WiFi 6 Mini」のスターターキットでは、1年間の無料サブスクリプションが付属しているようですよ。

実売価格は4万2820円前後となりそうで買い換えたいところなのですが、「IPv4 over IPv6」には対応しているのでしょうかね?

IPv4 over IPv6とは、IPv6環境で通信を行いながら、IPv4アドレスでの通信も可能にする技術なのですが、これに対応していないとちょっと考えてしまうかも。

確かネットギアは、今年の9月にNighthawkWiFi 6ルーター「RAX70」と「RAX10」が、IPv4 over IPv6サービス transix と v6プラス に対応したことを発表していますけど、これはどうなんでしょうね?

気になるなぁ。

By s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です