ipad-air-select-202009

タブレットっていいですよね。

気軽に持ち出せて、調べたいときにパッと使うことができるので、今ではノートパソコンよりも利用頻度は高くなっています。

いまではiPad Proの第一世代をメインに、iPad miniとiPad Airを利用していて、これまでiPadを5台使ってきています。

Macユーザということもあり、その他のタブレットを買おうとは思わないのですが、唯一AmazonKindleとKindle Fire8を持っているのですが、価格差はあるとはいえ、やっぱりiPadの使い勝手には勝てませんよね。

ちなみに、日本のタブレット市場において、iPadはなんと53%の出荷台数シェアを獲得しているのだそうで、これは11年連続でナンバーワンなのだとか。

なんでも、テレワーク需要に加え、1人1台のコンピュータ環境を学校に導入する「GIGAスクール構想」で多くの自治体がiPadを選択したこともあり、暦年の出荷台数が初めて500万台を突破したのだそうで、タブレット市場での独走が続いているのだそうですよ。

まぁ、でもこれ、わかりますよね。

なにせiPadは、Appleがハードもソフトもコントロールしているわけですからトラブルが少ないですし、その他のタブレットほどの自由度がないため、安全に利用できますからね。

ちなみにメーカー別の出荷台数シェアは、アップルがトップとなっているのですが、2位はNECレノボグループで、3位は日本マイクロソフトなのだそうです。

さて、そんなiPadですけど、どうやらiPad miniのPro版のウワサが出ていますよね。

その噂のiPad mini Pro、8.7インチのスリムベゼルディスプレイを搭載し、その本体サイズの縦横比はiPad Proの小型版に相当し、5Gにも対応するとのことで、ちょっと魅力的なのですが、実のところ、iPad miniって今のところ、私の中での使用頻度はかなり低いんですよね。

とはいえ、ちょっと欲しくなるという、言わゆるAppleマジックと言うやつですかね。

だって、あのからふるなiPad Airも欲しくなってきている今日この頃ですから。

By s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です